禁煙する!と言ってすぐに禁煙出来ればいいのですが、中々難しいものです。自分は意思が強い方ではなかったので、尚のこと難しかったです。禁煙するにあたり、自分とタバコとの戦いに終止符を打った魔法のアイテムを紹介します!

喫煙をやめましょう!

禁煙方法について調べてみた

禁煙方法はたくさんあります。個人で取り組むのが最も多いのは、我慢による禁煙法です。
とにかく吸いたい気持ちを根性で押さえつけるやり方で、その間は吸いたい欲求との戦いになります。
たいていの人は「1本だけ」という誘惑に勝てず、また元の状態に戻ってしまいます。
ほかには、禁煙グッズによる方法があります。ニコチンを含んだパッチを貼る、ガムを噛む、電子タバコで吸った気分にさせる、などの方法です。
これらの方法もニコチン切れによるストレスを緩和させたり、喫煙常習者には有効な場合もありますが、結局はニコチンを体に取り込んでしまうという健康上への問題や、お金がかかるというデメリットがあります。
本格的な方法では、禁煙外来を受診する方法があります。
これが最も成功率が高いやり方です。
1990年代から増加してきた診療科で、以前までは自由診療でしたが、2006年からは保険診療が一部で認められるようになっています。
一定の基準を満たす喫煙者に対して、治療は保険が適用されます。ここでは、強力な効果を持つ禁煙補助薬を処方してもらうことができます。
脳のニコチン受容体に薬の有効成分が先回りして結びつき、あとから入ってきたニコチンが結合できなくさせます。
するとタバコを吸っても(ニコチンを取り込んでも)美味しく感じなくなるので、タバコを自然にやめられるようになります。
そのほか、禁煙セラピーなど本を読んだり、グループセッションに参加してセラピーを受ける方法があります。
やり方には向き不向きがありますし、依存症であるかないかという症状のレベルによっても適した禁煙方法は変わってきます。
病的なニコチン依存症であれば、禁煙外来を受診した方が良いでしょう。

再発しにくい禁煙方法

健康のことを考えて禁煙をしようとしてみてついに達成できたと思ってはみたものの、数ヶ月を経ていつの間にか吸い始めてしまっていたということを経験する人もいます。
喫煙は習慣化してしまっていることが多いため、やめることができた人でもふとした拍子に吸い始めるとまた習慣として吸い始めてしまうということがよくあるのです。
特に多いのはただ煙草を買わないようにすることで禁煙を達成したケースであり、ふとした機会に煙草を吸ってその魅力に駆られてしまうと常習化してしまうことになりがちになります。
そのため、禁煙方法も工夫する必要があり、再発防止策をとっておくことが重要です。
そのアプローチの一つとして有用なのが煙草がおいしくないという印象を作ってしまうことであり、禁煙補助のための医薬品を使用することによって実現できることが知られています。
煙草には魅力がないということを本能から理解しておくことによって、また吸いたいという気持ちをおさえてしまうことができるのです。
もう一つのアプローチとして有用なのが習慣を置き換えてしまうものであり、煙草の代わりに別のものをくわえる習慣を作ることが有用となります。
口元が寂しいというのは煙草がやめられない人に多いものであり、代わりにくわえるものがあることでそれを習慣にすることができるのです。
パイプや電子タバコに置き換えるというのはその基本的な方法であり、有害物質を含まないものに置き換えることで健康を目指せるようになるでしょう。
こういった方法はただ喫煙の再発防止になるだけでなく、禁煙の取り組みそのものも補助してくれることから有用性が高く、禁煙に取り組もうと思ったら考慮する価値があるものです。

禁煙成功の鍵となったアイテム

禁煙は苦しいことですが、それでも成功している人はそれなりにいます。
ではその禁煙成功のカギとなったアイテムとしてはどういったものがあるのかというと、特に多いのが禁煙補助具です。
以前からあるもので言えば禁煙パイポは今でも使っている人がそれなりにいますし、最近では電子タバコを使って禁煙の助けにしている人もかなり見受けられるようになってきました。
病院で処方されるニコチンパッチを使ったために禁煙の苦痛をあまり感じなかったと言った人もよく見受けられます。
そうしたアイテムを使うとタバコを吸えないことの苦痛をある程度和らげることが出来ますから、成功のためのキーアイテムとしてはかなり重要なものだと言えるでしょう。
またこうしたものとは別のものとしては書類などもそれなりに役立ちます。
例えば前回の健康診断の結果でおもわしくない数値が出てしまったためにタバコを止めざるを得なかったという人はその診断書を見て自分を追い込むことが出来ますし、また子どもが生まれたなどの嬉しいことがあった人はそのこの写真を見ることで禁煙へのやる気を絞り出すことができるようになるでしょう。
こうした書類も「タバコを止める理由」を再確認することが出来るために非常に価値のあるものと言えます。
ちなみにキーアイテムとは少し違いますが、何も持たないということを成功の秘訣にしている人も時折見られます。
タバコを吸うために普段から持ち歩いていたライターを家のタンスの奥深くにしまった、携帯灰皿を捨てた上で喫煙所に立ち寄らないようにして物理的にすえない環境を作ったという人も成功に近づいている傾向があるでしょう。
禁煙はただなんとなく続けてもなかなか成功できませんから、成功するためには何をどうすれば良いのかを知っておくということは重要なことだと言えます。

  • 人間は、喫煙することによりあらゆる部位にガンが生じてしまいます。 中でも禁煙を実施しないことで見舞われることが多いのが肺がんです。 いつまでも禁煙しない喫煙者が見舞われやすいと言われる症例です。 そも...

△ 上に戻る